このサイトのすべてのイラスト・テキストなどの著作権はあとりえOPATO・川野ヒロミに帰属します。イラストなどの使用をご希望の際には、お気軽にお問い合わせください

Facebookやブログで書いていた文章の一部を掲載していきます。
​駄文ではありますが…(^^)よかったら読んでください。
​■異なる仕事を1日の中でこなすには?
最近、ネットニュースやコラムでマルチタスク(複数の仕事を同時に進行する)の記事を見かけます。私の仕事は、まさにこの状況。イラストやデザイン制作の合間に、取材のアポをとったり、別件のメールに返信したり…。締め切りが迫っている仕事を最優先するのはもちろんですが、締め切り間際に慌てないためには、スケジュールをどう組むか、異なる仕事を1日の中にどう組み込むかがポイントになります。
 
<締め切り間近で慌てないために>
●2〜4週間単位で仕事を捉え、仕事に必要な時間を想定して、何日頃にどの仕事をすればいいか計画を立てます。
●時間の余裕があるうちに、仕事の基礎的な部分(原稿ならば骨格の部分を箇条書きにしたおく、録音テープを聞いて書き出しをしておくなど)を終わらせておくと、気持ちに余裕ができます。急な仕事にも対処しやすくなります。
 
<1日の中での異なる仕事をするために>
●1日の終わりに明日すべき仕事をノートに書き出して、優先順位を決めます。
●私の場合は、事務的な仕事は午前中に集中的に行います。理由は、事務的な仕事は終わりがはっきりしているから。仕事関連のメールのチェック、他の方へのお願いや確認、請求書の作成、取材のアポ取りメールなどです。特に他の方への連絡は朝しておくと、その日のうちに解決することも多く、仕事がスムーズに進行します。
 
●イラストやデザインなど創造力が必要な制作は、事務的な仕事が一通り終わった後にスタートします。事務的な仕事と制作の間には、休憩や昼食、散歩を挟み、脳の入れ替えをします。原稿作成はこちらに入りますが、推敲は午前中の方が向いています。
 
●1日の終わりに仕事の進捗状況を確認、翌日の予定を書き出します。私は、18:00頃に一度仕事を終わらせて、そこからは家事タイム。0:00過ぎに再度パソコンを立ち上げて、メールのチェックと昼間に終わらなかった仕事をしたり、明日の確認をしたりします。翌朝送るメールの下書きをしておくと、翌日の午前中が楽になります。

 

お役に立てれば幸いです。