このサイトのすべてのイラスト・テキストなどの著作権はあとりえOPATO・川野ヒロミに帰属します。イラストなどの使用をご希望の際には、お気軽にお問い合わせください

Photoshopのキホン

便利な機能 レイヤスタイル

その5:画像に柄をつける、パターンオーバーレイの基本操作
(Mac OSX/Photoshop CC 2014)

準備:解像度300dpi、400x400pix で新規画像を開き、一色で塗りつぶす

​基本操作の手順です。下記画像の1から7の順番に操作していきます。
​レイヤースタイルのパターンオーバーレイにチェックを入れるだけで、ピンクから柄に変わるのですが、それは「仮」の表示です。

パターンオーバーレイは、レイヤースタイルの比率の数値を変えることで、パターン(柄)の大きさを変えることができます。

描画モードを変えることで、パターン(柄)や背景の色がかわります。

下記の様に「スクリーン」にすると、ドットが最初に塗りつぶしたピンク色になります。

下記は描画モードを「乗算」にしたいものです。最初に塗りつぶしたピンクが背景になります。

​好みのパターンを選択することで、様々な表現ができます。